すっきり見せるために重要な、窓の配置や形状

すっきり見せたいなら、窓は端がおすすめ!

窓というと壁の真ん中にあるもの。そのような固定概念を持っている人が多いかもしれません。でもそれは間違いです。つい忘れがちですが、注文住宅であれば窓も好きな場所に作れます。そして、その際の配置を工夫すると、部屋がすっきりとした印象に見えます。そんな部屋をすっきりとした印象にしたい人におすすめなのが、窓を壁面の上下左右のコーナーに寄せて配置する、というものです。この場所に窓を配置すると、窓の近くの壁面や天井、床面に光が回り込み、そもそも部屋全体が明るくなります。加えて、窓を取り囲む壁面がない分だけ、視野の抜けが良くなり、部屋全体がすっきりとした印象を受けやすくなります。ただ、その場所は高さのある家具と重なりやすい点には注意が必要です。家具の配置を検討したうえで、窓の位置を決めましょう。

窓の形は外観の印象を大きく変えます!

窓は、部屋の中からだけではなく、家の外観にも大きく影響を及ぼす重要な部分です。すっきりとしたスタイリッシュな印象の外観の家にしたい場合、小窓を組み合わせるのが効果的です。大きい窓だとインパクトはあるものの、すっきりとした印象を見るものに与えません。一方で、小窓をバランスよく配置すると、すっきりおしゃれな雰囲気を演出できます。しかも、大きい窓は管理が大変で通りからの目線も気になりがちです。機能性の面からも、小窓は理にかなっています。また、外観だけでなく室内側からもすっきりおしゃれな印象を与えられる窓と言えば、丸窓です。特に和室などにぴったりな丸窓を玄関近くなどに配置すると、雰囲気のある家に見えておすすめです。